WATCHMANは誰のためにあるのでしょうか?

WATCHMANTM
適応となる
患者さんは?

経口抗凝固薬(OAC)を長期服用できないと判断された非弁膜症性心房細動の患者さんがWATCHMANの適応です

WATCHMANに適した患者さんは、以下の3 つの項目すべてに該当する、非弁膜症性心房細動の患者さんです

  1. CHADS2またはCHA2DS2-VAScスコアに基づく脳卒中および全身性塞栓症のリスクが高く、抗凝固療法が推奨される患者さん
  2. 短期的(45日間程度)にはワルファリン投与が適応可能と事前に医師により判断されている患者さん
  3. 抗凝固療法を長期間実施できない医学的に妥当な理由を有する患者さん(HAS-BLEDスコア3点以上の出血リスクが高い等)

詳細な患者さんの例示については、日本循環器病学会のホームページをご確認ください

* C=うっ血性心不全、H=高血圧(収縮期血圧 160mmHg超)、A2=年齢75歳以上、D=糖尿病、S2=脳卒中、一過性脳虚血発作または血栓塞栓症の既往、V=血管疾患、A=年齢65~74歳、Sc=性別(女性)

医師の観点からWATCHMANのベネフィットを考えてみましょう

WATCHMANの留置が経口抗凝固薬(OAC)を長期服用できない非弁膜症性心房細動(NVAF)の患者さんに、長期経口抗凝固療法の代替療法としてどんなベネフィットがあるか、医師の考察を見てみましょう

なぜWATCHMANが必要なのでしょうか?

WATCHMANの留置は、ワルファリンと同等程度に脳卒中リスクを低減することが実証されており、さらにワルファリンの使用に関連した出血の長期リスクも低減します

ただし、虚血性脳卒中や全身性塞栓症については、ワルファリンほどの発現抑制効果を示すことができませんでしたが、出血性脳卒中や心血管死については、ワルファリンに対して発現を低減することが確認されました

WATCHMANは、患者さんの生活にどのようなベネフィットをもたらすことができるでしょうか?

これは適応患者像をイメージしていただくための例示であり、実在の患者さんの症例ではありません

Case1: 消化管出血の既往 68歳 女性

職業:定年退職者、ボランティア

病状:NVAF、高血圧、血管疾患、消化管出血

CHA2DS2-VASc スコア:4

さちこさんはワルファリン5mgを服用しているが、過去に抗凝固療法による重篤な消化管出血を経験し、今現在も出血に悩んでいる

Case2: 出血リスクが高い 80歳 男性

職業:よく孫の世話をする祖父

病状:NVAF、うっ血性心不全、高血圧、糖尿病

CHA2DS2-VASc スコア:5

けんじさんはワルファリンの適応だが、現在リバーロキサバン15mg/日を内服している。転倒による股関節骨折および脳挫傷の既往がある。担当医はけんじさんは外傷による二次性の大出血リスクが高くなっていると考えている

Case3: 併存疾患により出血リスクが高い 72歳 女性

職業:定年退職者、飛行機で飛び回っている

病状:NVAF、高血圧、糖尿病、PCI歴(ステント留置)

CHA2DS2-VASc スコア:4

よしえさんは、過去に冠動脈疾患によるPCI歴があり、ステント留置を行ったことで、現在、抗血小板薬を2剤服用している。そのため、担当医師は抗凝固薬との併用で出血リスクが高いと考えている

留置施設

WATCHMANの候補となる患者さんはいませんか?

WATCHMAN 留置施設