心房細動による脳卒中

心房細動による脳卒中

心房細動による脳卒中リスク

心房細動による脳卒中リスク

心房細動では、心臓が血液を正常に送り出さないため、血球が滞留しお互いにくっついてしまうことで、心臓の左心耳と呼ばれる部分に血栓が形成されます(図A)。その血栓が剥がれて脳へ血液を供給する血管をふさいだ場合、脳への血液供給が妨げられることが原因となり、脳卒中が起こります1 (図B)

図A


図B


心房細動による脳卒中リスクの程度

心房細動の患者さんは、心臓の拍動リズムが正常な人と比べて脳卒中のリスクが5倍高くなります。非弁膜症性心房細動の患者さんでは、脳卒中の原因となる血栓の90%以上が心臓の左心耳内で形成されています2

心房細動に対し適切に対処しないと、正常な心調律に比べて、脳卒中のリスクが高くなります3

  • 心房細動患者さんの約3分の1が脳卒中を発症することが報告されています4
  • 心房細動による脳卒中は、死亡や後遺障害を引き起こす確率が高くなることが報告されています5,6
  • 非弁膜症性心房細動では、左心耳(LAA)と呼ばれる小さな袋で形成される血栓が脳卒中の主な原因と考えられています7

医師に相談しましょう

非弁膜症性心房細動と診断された場合、病状と治療選択肢について医師に相談することが重要です。
会話を始める参考として、医師との対話ガイドを次の診察時に持って行きましょう。

対話ガイドを見る

References: 

  1. Cleveland Clinic. Atrial fibrillation (Afib). http://my.clevelandclinic.org/services/heart/disorders/arrhythmia/atrial-fibrillation-Afib. Published May 2015. Accessed August 25, 2016.
  2. Blackshear JL, Odell JA. Appendage obliteration to reduce stroke in cardiac surgical patients with atrial fibrillation. Ann Thorac Surg. 1996;61:755-759.
  3. Holmes D. Atrial Fibrillation and Stroke Management: Present and Future.Semin Neurol 2010, 30: 528-536.
  4. Brass L. Stroke. Yale University School of Medical Heart Book.
  5. McGrath ER, Neurology. 2013
  6. Tu HT, Int J Stroke. 2013
  7. Blackshear J. and Odell J., Annals of Thoracic Surgery. 1996; 61: 755-759.